見た目ベテラン師長ですが看護学生です!(笑)

看護学校に通っています。日々の勉強について綴ります。

疾病の成り立ち 1

①循環器疾患について

 狭心症による胸痛は一過性である

※拡張型心筋症では心室の壁が薄くなる

  感染性心内膜炎の原因菌として黄色ブドウ球菌やレンサ球菌がある

 腹部大動脈瘤の原因には動脈硬化がある

 

②脳神経疾患について

 くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂によることが多い

膠芽腫は中高年の小脳に好発する悪性腫瘍である。

⇒小児は髄芽腫が好発する。

 アルツハイマー病では大脳皮質の萎縮がみられる

 筋萎縮性側索硬化症では運動神経が障害される

 

③消化器疾患について

胃潰瘍ヘリコバクター・ピロリ感染と関連する

 線維の増生を伴う硬がん(スキルス胃がん)は予後が良不良である

  潰瘍性大腸炎では 潰瘍が特徴的である

 大腸がんはS状結腸と直腸に発生することが多い

 

④呼吸器疾患について

 肺の扁平上皮がんや小細胞がんは喫煙と関連する

慢性閉塞性肺疾患COPD)では1秒率が低下する

 中皮腫アスベスト暴露と強い関連がある

 気管支喘息の発作では気管支が収縮する

 

⑤※尿崩症  抗利尿ホルモンの分泌低下

 アジソン病 コルチゾールの分泌低下

 Ⅰ型糖尿病 インスリンの分泌低下

 バセドウ病 甲状腺ホルモンの分泌増加

 

⑥腫瘍について

良性腫瘍は浸潤性に増加しない

 肉腫とは非上皮性の悪性腫瘍である

 転移には血行性、リンパ性、播種性がある

 がんの進行度の評価にはTNM分類が用いられる

 

⑦組織診は 固定液にはホルマリン液を用いる

 

⑧壊死物質を除去する細胞はマクロファージである

 

⑨ウィルヒョウ転移を生じる部位は 左鎖骨上窩リンパ節である

 

⑩免疫担当細胞とその機能との組み合わせで正しいのは

 単球    

※好中球   貪食作用

 形質細胞  

 Bリンパ球 

 

⑪肺炎について

 マイコプラズマ肺炎

※大葉性肺炎は主に肺炎球菌を原因とする

 間質性肺炎

 院内肺炎は入院後 時間以内に新たに発症したものをいう

 

⑫急性糸球体腎炎の主な症状は 浮腫

 

⑬先天性異常について

 先天性風疹症候群では

 マルファン症候群は

ダウン症候群は21トリソミーにより生じる

 クラインフェルター症候群は

 

⑭損傷の修復について

※肉芽組織は新生毛細血管が豊富である

 瘢痕組織は

 中枢神経細胞

 治癒過程は

 

⑮塞栓症の原因で最も多いのは 血栓である

 

⑯アレルギーについて

 Ⅰ型は 関与する

 Ⅱ型は 

※Ⅲ型の代表疾患に全身性エリテマトーデス(SLE)がある

 Ⅳ型

 

⑰腫瘍について

 良性腫瘍は転移しない

※膨張性増殖と浸潤性増殖の2種類がある

 胃がんの血行性転移をウィルヒョウ転移という

 腫瘍細胞の異形成良性は軽度である

 

⑱肺がんについて 扁平上皮がんは喫煙との関係が深い

 

⑲腫瘍について

※シュニッツラー転移は播種性転移でダグラス窩へ転移する原発巣は胃がんが多い

 肺がんは男性に多い

 腫瘍の発生原因のひとつとしてウイルスがあげられる

 非上皮性悪性腫瘍(悪性非上皮性腫瘍)は肉腫という

 

⑳浮腫について

 細胞

 腎性浮腫は

 ※肺に生じた場合は呼吸困難を招く

 炎症性浮腫により生じた滲出液は

人体の仕組みと働き 3

㉛下垂体後葉から分泌されるホルモンについて
※抗利尿ホルモンADH
下垂体前葉から成長ホルモンGH 甲状腺刺激TSH 副腎皮質ACTH

血漿中に最も多く存在する電解質は Naである
 K
 Ca
 Mg

㉝血液を濾過し原尿を作る部位は 糸球体である
 尿細管は
 尿管
 尿道

㉞肝臓の機能について
※胆汁の分泌
 グリコーゲンの貯蔵
 血液凝固因子であるフィブリノゲンなどを合成する
 胆汁の生成

㉟縦隔に位置するもの
 胸腺、気管支、大動脈(胸大動脈)

㊱下肢にある骨は 篩骨
 橈骨は上腕拇指側、腓骨は下腿、蝶形骨は腰部

㊲細胞内にある遺伝情報を有する核内物質は DNA

㊳神経組織は
 神経細胞と神経膠細胞(グリア細胞)からなる。
 軸索突起の週末(軸索終末)が他の神経細胞樹状突起と連絡する連結部をシナプスという
 神経膠細胞には、神経細胞に栄養を供給する細胞がある
※脳や脊髄で神経細胞が集まっている部位を灰白質という

㊴耳と目の構造と機能について
※ツチ骨は鼓膜に連結している(外からツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)
 音刺激は蝸牛管のラセン器(コルチ器)の「有毛細胞から脳の聴覚中枢に伝わる
 眼球の内部には眼房水、水晶体、硝子体がある
 眼球から視神経が出ていく部分を視神経乳頭(視神経円盤)という

㊵血液について
※赤血球の寿命は約120日
 リンパ球の寿命は約100~200日
 血小板の寿命は約10日
 赤血球は脾臓で壊される

㊶血液循環について
※胃・腸・脾臓及び膵臓からの静脈は合して門脈となり肝臓に入る
 脳に血液を供給する動脈は内頸動脈と椎骨動脈
 チアノーゼとは血液中に酸素化ヘモグロビンが減少した状態である
※胎児期の動脈管(ボタロー管)は肺動脈と大動脈を結ぶ

㊷呼吸について
※気管は第4胸椎の高さで左右の気管支に分かれる
 呼吸中枢は延髄にある
 界面活性物質(肺サーファクタント)は肺胞の伸展に必要である
 肺胞内の空気と血液とのあいだのガス交換を外呼吸という

㊸腹膜後器官(後腹膜器官)にあるのは 十二指腸、膵臓、腎臓

㊹脳下垂体前葉から分泌されるホルモンは
 黄体形成ホルモンLH
※抗利尿ホルモンADH(前葉)
 成長ホルモンGH
 プロラクチンPRL

㊺ホルモンと左葉の組み合わせ
 サイロキシン   基礎代謝の亢進
メラトニン    
 パラソルモン   血中カルシウム濃度の調整
 ノルアドレナリン 血圧上昇

㊻染色体にはDNAが含まれている
 ゴルジ装置は細胞質の中にある
 ミトコンドリアはエネルギー産生を行う
 リボソームたんぱく質を合成する

㊼椎骨が12個なのは 胸椎
 頸椎は7個
 腰椎は5個
 仙椎の椎骨は5個

㊽次のうち肘関節を屈曲させる働きがあるのは 上腕二頭筋

㊾血液の成分とその役割について
 赤血球 酸素の運搬
 白血球 生体防御
 血小板 血液凝固
 血漿  老廃物の運搬

㊿肺動脈は静脈血が流れる
 肺静脈の血液は左心房へ流れる
 左心室の血液は大動脈へ流れる
 僧帽弁は左房室口にある

51鼻腔は気道に含まれる
※左肺は2つの肺葉に分かれている
 呼吸は肋間筋と横隔膜の協調運動によって行われる
 肺胞でガス交換が行われる

52臓器とそのはたらきについて
 食道 
 肝臓 栄養素の貯蓄
 胃  ガストリン
※小腸 栄養素の吸収

53腎臓について
※腹膜腔外にある
 腎臓の実質は皮質と髄質から成る
 腎小体は糸球体とボウマン囊からまる
 糸球体には輸入臍動脈と輸出臍動脈が出入りする

54生殖器について
精子形成は正常体温よりやや低い温度が適している
 精巣はアンドロゲンを分泌する
 卵巣はエストロゲンを分泌する
 正常な受精は卵管膨大部で行われる

55ヒトの細胞について
 細胞は有糸分裂によって増える
 細胞は細胞膜(形質膜)に囲まれている
※染色質は核の中に散在する
 染色質の中にはDNAが含まれている

56上腕三頭筋は前腕を伸展させる
 横隔膜が収縮すると胸腔内容積は拡大する
 心臓壁を構成する心筋は横紋筋である
※膀胱の平滑筋は自律神経の支配を受ける

57体温について
※体温調節中枢は視床下部にある
 口腔温は腋窩温より高い
 成人の体温は真夜中から明け方にかけて低下
 皮膚の血流が増加すると体熱の放散が増加する

58胎児の循環系について
※静脈管は門脈と下大静脈を結ぶ
 胎盤で酸素を受け取った血液は臍静脈を通って胎児に戻る
卵円孔は右心房と左心房の間に開いている
動脈管(ボタロー管)は肺動脈と大動脈をつなぐ管である

59乳歯生え揃うと20本、永久歯28本、親知らず32本
※胆汁は総胆管を通って十二指腸内に排出される
 ペプシンは胃液中に含まれる
 大腸では主として水分が吸収される

60好中球は血中の白血球の半分以上を占める
 赤血球は酸素を運搬するヘモグロビンを含む
 血小板は骨髄でつくられる
 血液中のフィブリノゲン(繊維素原)は血液凝固に関与する

61ホルモンと分泌部位の組み合わせ
 抗利尿ホルモン(バソプレシン) 下垂体後葉
 甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉
 アドレナリン 副腎髄質
 インスリン 膵臓のランゲルハンス島(β)細胞

62腎臓について
 中央付近のくぼみを腎門という
※腎小体は腎臓の皮質に存在する
 血液中の酸塩基平衡を維持する器官である
 エリスロポエチンを産生する

63ヒトの生殖について
 微数分裂は精腺の中で起こる
精子はXとY性染色体をもつ
 受精卵の着床は受精後6〜7日目に開始される
 胚盤胞は、内胚葉、中胚葉、外胚葉に分化する

人体の仕組みと働き 2

㉑咀嚼筋は
側頭筋、咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋

㉒血液凝固の機序について
※血管内で血液が凝固した塊を血栓という
 第Ⅷ因子欠損で血友病A、第Ⅸ因子欠損で血友病Bがおこる
 フィブリノゲンがフィブリンになる
 血清とは血漿からフィブリンを除いたもの

㉓呼吸の生理について
 呼吸筋とは横隔膜と肋間筋をさす
 外肋間筋の収縮により胸腔は広がる
 肺で行われるO2とCO2の交換を外呼吸という
※横隔膜の上下運動による呼吸を腹式呼吸という

㉔食道の解剖
 成人男性では全長約25㎝である(切歯から咽頭まで約15cm)
 食道の粘膜は重層円柱上皮である
 食道の粘膜は重層円柱上皮である
※食道の横隔膜貫通部は生理的な狭窄部である
 食道は気管の後方を通っている

精子が作られるのは
 曲精細管(精細管)である

甲状腺ホルモンの働きは
 基礎代謝を増加させる

㉗脳神経の解剖生理について
 視神経は動眼神経・滑車神経・外転神経を司る
 副神経は迷走神経(横行結腸⇒2/3までを支配する
 三叉神経は細い運動枝と太い知覚枝を伴う
※顔面神経の一部は顎下腺や舌下線の分櫃を司る

㉘上行大動脈から分岐する血管について
※冠状動脈
 大動脈弓からは腕頭動脈、左総経動脈、左鎖骨下動脈

㉙成人の安静時、1分間に心臓から拍出される血液量は
※約5ℓ

㉚心電図で心室筋の興奮を示す波形について
 P派は心房金の興奮を示す
※QRS派
 T派
 U派

人体の仕組みと働き

①胸椎は12個の椎骨からなる
 黄色骨髄は赤色骨髄が造血を終え、脂肪に置き換わったもの
 成人の骨格は200余りの骨からなる(206)
※骨はカルシウムの貯蔵に関わる

血漿に含まれるのは、血球を取り除いた残りである
 遠心分離した場合、上部には
たんぱく質(アルブミングロブリン)、電解質(K、Na、Ca)、ビタミンなど
 血小板を挟んで、下部に細胞である
 血球(赤血球、白血球)

③動脈血が流れるのは
 門脈
 肺動脈
※肺静脈
 大静脈

④呼吸時の状態
 胸腔とは胸壁肋骨・胸椎・胸骨・横隔膜によって囲まれた空間のことである
 胸腔内は陰圧👉肺が膨らむため
※横隔膜は収縮👉上昇するため
 外肋間筋は緊張する
 内肋間筋は弛緩する

⑤嚥下について
 唾液は食物に水分を与えて嚥下しやすくする
※食物は口腔から咽頭、食道へ移動する
 咽頭蓋は気管と食道との交通を遮断する
 食物は蠕動運動によって食道内を移送される

⑥中枢神経について
 中脳 感覚野である(視覚、聴覚など)
 小脳 態勢(平衡、姿勢、随意運動)
 延髄 呼吸中枢(循環)
視床下部 体温調節

⑦腎臓
 皮膜で覆われた皮質と深部の髄質、くぼみの部分は腎門という。
 皮質の中に多くの腎小体が存在し、腎小体は糸球体をボウマン嚢で覆われたものである。
 輸入細動脈が入り、糸球体を形成したのち、輸出細動脈に到る。
 腎小体と尿細管をネフロンと呼ぶ。
 尿細管(近位曲尿細管)が接続している
 尿細管の上皮細胞は腎小体外葉、足細胞とは異なり立方上皮。
※輸入細動脈は、糸球体に入り輸出細動脈となり糸球体から出る

⑧下垂体後葉から分泌されるホルモンは オキシトシン
 ※抗利尿ホルモンである(バソプレッシン)
 下垂体前葉から分泌されるのは
  副腎に作用する副腎皮質刺激ホルモン(糖質コルチコイドを分泌)
  オピオイド受容体に作用するβ-エンドルフィン(痛覚の緩和)
  甲状腺に作用する甲状腺刺激ホルモン(甲状腺ホルモン)
  性腺に作用する卵胞刺激ホルモン(生殖系の調節)と黄体形成ホルモン(性ホルモンの分泌)
  肝臓・脂肪組織に作用する成長ホルモン(成長の促進・脂肪・炭水化物の代謝
  卵巣・乳腺に作用するプロラクチン(エストロゲンの分泌と乳汁の合成)

⑨滑車神経は 外眼筋の上斜筋支配
※顔面神経は味覚
 内耳神経は 聴覚平衡覚
 副神経僧帽筋、胸鎖乳頭筋

神経細胞は有核細胞
 神経細胞間の接合部をシナプス
 1個の神経細胞から1個の軸索が出ている
※神経線維とは軸索及びその周囲を包む髄

⑪脊柱の構造
 胸椎は12個の椎骨からなる
 尾骨は尾腰椎が癒合して作られる
 側方から見ると腰椎は前彎している
※脊柱管は椎孔が積み重なってつくられる

⑫骨格筋の収縮
※乳酸は収縮力を低下させる
 運動神経の指令をうけておこる
 アクチンフィラメントとミオシンフィラメントが相対的に滑り込み筋収縮が起こる
 直接のエネルギー源はATP(アデノシン3リン酸)である

⑬心臓の刺激伝導系で最初の興奮部位から順に
 洞結節⇨房室結節⇨ヒス束⇨左右脚⇨プルキンエ繊維

⑭肺胞は
※弾性繊維が多い
 呼吸細気管支に存在する
 Ⅰ型上皮細胞とⅡ型上皮細胞で覆われている
 成人では左右の肺を合わせて数億個存在する

⑮胃の構造や働き
 胃液はpH1〜2
 幽門で十二指腸に移行する
 上縁(内回りの凹部)を小湾という
※主細胞からペプシノゲンが出る

⑯腎臓について
 腹膜外の臓器である
※腎小体は糸球体とボウマン嚢からなる
 原尿中のアミノ酸は尿細管で再吸収される
 輸入細動脈の細胞からレニンが分泌される

⑰大脳皮質の領野と部位の組み合わせ
※視覚野-後頭葉
 聴覚野-
 運動野-
 感覚性言語野-

⑱外部から伝わる経路
 角膜-水晶体-硝子体-網膜

⑲支持組織とは、血液とリンパ・結合組織・軟骨組織・骨組織
 膠様組織は臍帯に見られる

⑳関節について
 股関節は多軸性である
※蝶番関節は1軸性である
 仙腸関節は半関節である
 関節包の内面は滑膜に覆われている

エソラ

今週のお題「わたしの好きな歌」

久しぶりに聴いたんだ。
メロディーとフレーズ。
これだ。

忘れないために、記憶から消すために

私は記憶とは感情を伴うものだと認識している。
この場合、感情は忘れてエピソードのみ蓄積させるという意味なのだろうと考えた。
感情というものは厄介なもので、過去のことであっても何らかのきっかけにより、今でも同じように感じていると錯覚してしまうことがある。元カレ、元カノとまた付き合ってしまい同じことを繰り返してしまう(最終的に別れる)。過去は過去。良い思い出として忘れないために、記憶から消すのだと考えた。

この歌詞を聴いた時に瞬時にそういったイメージのみ飛び込んできて理解したが、深く追求してみて再度納得している。

医学的根拠に関連させて歌詞を考えることも面白い

1つ目の各論終わった

残存機能を最大限に活かしてADLの維持は難しいね。
そもそも残存してる機能に個人差ありすぎ。

今回は実習中2名受け持ちとなりました。


一人目の患者さんも二人目の患者さんもリハビリメイン。
一人目はPT付き。二人目はOT付き。
何が違うのか、見た目は
筋力アップさせて一定のところまで回復させるのとできることをできる範囲で維持させる感じだった。
OTにはたくさん話をしてもらいました。いろいろ教わって。患者ともたくさん話して。
PTは私看護学生とは話さず、リハの実習に来てる学生とばかり話してた。患者おざなりで。

今回単位落としそうで怖いです。

病棟やっぱ苦手だな…
外来向きです

各論実習が始まりました

記録がうまくかけないので毎日寝不足。

基礎のころよりマシにはなったかな?

 

誤嚥性肺炎、慢性心不全で終了した基礎実習でしたが今回初の複数の既往ありで、看護計画も立てることになっています。

私はストイックなプランを立てたいため、老年期のケアはちょっと苦手な気がしています。がんばってもらいたくてもがんばれないお年頃というのが難しいところでした。「やればできる、やる気がないからできない」という考えが根底にあるので、前回の基礎で受け持ちとなった慢性心不全の高齢者も、私の気持ちと行動が同じスピードで進まないことがちょっと不完全燃焼だったな、という印象を受けています。

 

うまく患者をコントロールしているドクターの診察をみていて、どんな分野でも人間対人間の精神的ケアを主とした治療が必要なのだと感じています。自己の考えの傾向からして今後進むべき道を考えることができると思いました。

はじめはオペ室で「オペを見たい」という理由からオペ看になりたくて、次に外科で処置することに魅力を感じ、そして不安を感じている患者や患家のメンタル面のケアができるようになれればと考え、今は外来看護師を目指しています。

 

実習先の病院では関わったコメディカルに「患者さんに熱心な学生」と言われているようです。まぁ、確かに受け持ちとなった患者さんには家族のように愛情をもって接していますが、所詮決めるのは患者さん自身だと割り切って援助しています。しかし、無理強いはしていないけれど「やってみようかな」と思わせる何かが私にはあるようです。私としては「やってみようかな」と思われるといろいろ準備して片付けて、援助計画や記録書いてと大変なので「やりたくない」って言って欲しいと思っているのになぁ(笑)

 

物心ついたときから心理学に興味があったり、精神的な援助が必要な人の話を聞いてあげていたり、精神科向きかもしれないと思っていましたが精神科実習は苦痛です。